女性も安心して即日融資ができるキャッシング方法

お金のピンチをキャッシングなどで解決することが、老若男女問わず増えています。世の中全体が長い不況の時期を過ごしていたという背景もあります。ようやく底は抜け出た雰囲気は漂っていますが、具体的な収入の上昇を感じているという方はまだまだ少ないのではないでしょうか。
お金を借りることが一般的になってはいても、やはり女性がキャッシングなどに申し込みをすることは不安を感じる部分が大きいですね。ましてや急いでお金を借りる、申し込んだその日に借りられる状態になるのは少し難しいこと、と思っていないでしょうか。
女性も安心して利用できるキャッシングやカードローンは、今ではたくさん見つかります。女性専用となっている金融商品ではなくても、何の問題もなく借り入れができるローンも一社だけではありません。
もちろん即日融資に関しても、利用する側は少しポイントを押さえておけば、さほど難しいことではないのです。キャッシングをする時には、急いでお金を準備する必要に迫られているという方が多いですね。急いでお金を借りなければと考えている場合でも安全なローンを安心して利用したいものです。
当然女性なら、「申し込みの時に怖い担当者だったらどうしよう。」「もしも借り過ぎてしまって返済できなくなったら、どうなるのだろう?」「闇金というところに申し込んで、返せないような金利を言われてしまったら…。」こんな不安が借り入れ前に押し寄せても自然なことです。
今は、女性が不安を感じずに借り入れできる方法が充実しています。レディースキャッシングと呼ばれる女性専用のキャッシングだけでなく、銀行カードローンも安心感が高いですよね。銀行カードローンは本人収入のない専業主婦の方も借り入れできておすすめです。
女性だから借り入れが難しいということではないのです。収入に応じた限度額を設定することが大切です。特に貸金業者からの借り入れは総量規制という法律を守らなければなりません。総量規制によって本人収入がない専業主婦の方は、貸金業者からの借り入れができなくなっていることには注意が必要です。
また、専業主婦の方なら、たいていのカードローンで限度額はさほど大きくない額に設定されています。10万円から30万円ぐらいの限度額設定となるのがほとんどでしょう。どれほど大きな限度額設定ができる銀行カードローンでも専業主婦の方は50万円までとなっています。
他に注意する点としては即日融資の限度額、借入額に応じた返済計画をしっかりと立て、それを実行していくことも挙げられます。キャッシングで最も肝心なのは実は返済なのです。急いでいても返済計画をしっかりと立てることだけは忘れてはいけません。
どんなに急いでいても違法な業者に申し込んでしまうことだけは避けましょう。お金をどうしても借りたい時には焦ってしまうものですが、登録業者かどうかを絶対に確認しなければなりません。また高金利で貸し付けをする違法な業者だけではなく、申し込み者にまずお金を振り込ませるという詐欺行為を行う業者も後を絶ちません。
借り入れ前に検索するだけでも、違法な業者に気付く可能性は高まります。ほんの少しの時間で確認できますので、怠らないようにしましょう。安全に安心してキャッシングするためには、申し込み前の確認と「おかしい。」と感じた段階で申し込みをストップする勇気が必要です。

総量規制外カードローンは年収証明不要?

総量規制に基づき、貸金業者は50万円を超える貸付を行う場合&他社借入残高を含め100万円を超える融資を行う場合収入証明書の提出を求めることが義務付けられています。では、総量規制外カードローンの場合はどうかというと、総量規制のように一定額以上の貸し付けを行う場合、年収証明書の提出を求めなくてはならない、という法的規制はありません。

ですが、原則年収証明書不要、100万円以下なら原則年収証明書不要、200万円以下なら原則年収証明書不要など銀行カードローンごとに規定が設けられています。利用したいカードローンの場合、いくらまでなら年収証明書の提出不要なのか?予め確認し、融資希望額がそれを越えるようであれば年収証明書を用意したうえで申込を行いましょう。

とはいっても、総量規制カードローンと違って数十万円の借入であれば、ほとんどの場合年収証明書不要で審査を進めてもらうことができます。これは、総量規制外カードローンの利点のひとつといえます。

ちなみに、急いでいる時に年収証明書を用意するのは大変。手元に証明書類がないので会社や役所で発行してもらうのは面倒、という方も多いと思います。確かに、必要書類は少ないと準備にかかる時間も少なくてすみますし、まして年収証明書を再発行してもらわなければならないなんて、時間も手間もかかるのでできれば避けたいものですが、借入額によっては年収証明書がなければ申込できないこともあるので注意が必要です。

関連記事